スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらVPSの設定方法【その1:perlのインストールまで】

papixさんのこのエントリを参考にしました。
http://papix.hateblo.jp/entry/2012/07/04/004357

ただ、Teratermで使う秘密鍵の生成部分はcygwinのssh-keygenコマンドを利用するようにしました。
Teraterm付属のやつで作ったら認識しなかった。

おかしいなぁ。これでperlbrewがインストールされるとあるが、
どうもバージョン指定が必要とエラーに。

perl perlbrew install



だからといってバージョン指定するとこれまたエラー

[tatsumi@localhost ~]$ perl perlbrew install 5.16.1
Fetching perl-5.16.1 as /home/tatsumi/perl5/perlbrew/dists/perl-5.16.1.tar.bz2
Unable to open config (/home/tatsumi/perl5/perlbrew/Config.pm): そのようなファイルやディレクトリはありません at /loader/0x2200998/App/perlbrew.pm line 65.



如何するんだ・・・

そもそもユーザディレクトリにperl5がないんですけど・・・


というわけで、気をとりなおして・・

$ curl -LO http://xrl.us/perlbrew
$ chmod +x brewlbrew // 実行権限を与える
$ ./perlbrew init //perl5ディレクトリが作られる
$ mv perlbrew ~/perl5/perlbrew/bin            
$ echo 'source ~/perl5/perlbrew/etc/bashrc' >> ~/.bashrc // .bashrcに, perlbrewを使う為の設定を追記
$ source ~/.bashrc // 変更した.bashrcを有効化
$ which perlbrew // パスが通っていることを確認
~/perl5/perlbrew/bin/perlbrew



せっかくなのでcpanmと最新のperl5.16.1をインストール

$perlbrew install-cpanm
$perlbrew install-patchperl
$perlbrew install 5.16.1
$perlbrew switch 5.16.1
$perl -v



これで、perl環境が一通りできたのかも・・・
スポンサーサイト
プロフィール

鈍足ランナー

Author:鈍足ランナー
作成アプリ

Learn from AlphaGeeks
Twinani


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。