スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらVPSにMovable Type5.2をインストール

http://www.movabletype.jp/index.html
Movable Type は使ったことないけれど、さくらVPSを契約したから
入れてみようと思い。マッサラな状態からトライ。うまくいくといいが・・・

こちらのページを参照した。
http://www.skyward-design.net/blog/archives/000140.html
http://smallworld.west-tokyo.com/blog/2012/08/amazon-ec2-nginx-psgi-mt.html

ディレクトリの準備とファイルの配置

ホームディレクトリ直下にwwwというディレクトリをつくります。
その下にcgi-bin/mtというサブディレクトリとmt-staticというサブディレクトリを作成しました。


mt5.2のダウンロードして解凍したファイルをぶち込む。


詳細は以下参照
http://www.movabletype.jp/documentation/mt5/installation/linux.html

cgiファイルの権限変更、ディレクトリの権限変更

cd ~/www/cgi-bin/mt
chmod 755 *.cgi
cd ~/www/mt-static
chmod 777 support
cd ~/www/cgi-bin/mt
chmod 777 themes



cgiファイルの#!で記述しているperlのパスの変更
which perlで表示されるperlのパスに変更する。

cd ~/www/cgi-bin/mt
find . -name "*.cgi" -print | xargs sed -i 's#/usr/bin/perl#/home/nopaste/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.1/bin/perl#g'


nginxの設定

設定ファイルを別にする方法もあるのですが、どうもめんどくさそうで。

vi /usr/local/nginx/conf/nginx.conf



server {
listen 80;
server_name dokechin.com;
root /home/nopaste/www;

access_log /var/log/www.access.log main;

location / {
index index.html index.htm;
}

# redirect server error pages to the static page /50x.html
#
error_page 500 502 503 504 /50x.html;
location = /50x.html {
root html;
}

location /cgi-bin/mt { proxy_pass http://127.0.0.1:5000; }

}



nginxサービスをリスタート

supervisorctl restart nginx



mtで必要なperlモジュールのインストール


cpanm Task::Plack
cpanm XMLRPC::Transport::HTTP::Plack
cpanm CGI::PSGI
cpanm CGI::Parse::PSGI
cpanm CGI::Compile



MySQLのデーターベースおよびユーザの作成


http://www.movabletype.jp/documentation/mt5/database/mysql.html


mt-config.cgiファイルの作成


<TODO>
mt-config.cgi-original を参照しながら、設定します。

仮起動


ここまでの設定が正しいか試す為に仮起動

cd ~/www/mt
plackup mt.psgi



ブラウザからhttp://xxxx.com/cgi-bin/mtでアクセスして動作確認できた。


runスクリプトの作成


/home/nopaste/www/mtディレクトリにrunスクリプトを作成
chmod +x runを忘れずに

#!/bin/sh
MT=/home/nopaste/www/mt
PID=$MT/pids/test.pid
PSGI=$MT/mt.psgi

cd $MT
/home/nopaste/perl5/perlbrew/perls/perl-5.16.1/bin/starman --pid $PID $PSGI



Supervisor経由で起動させる設定。


vi /etc/supervisord.d/mt.conf

[program:mt]
user=nopaste
command=/home/nopaste/www/mt/run
directory=/home/nopaste/www/mt
redirect_stderr=true
stdout_logfile=/var/log/supervisord/mt.log
stdout_logfile_maxbytes = 5MB
stderr_logfile=/var/log/supervisord/mt.err
stderr_logfile_maxbytes = 5MB
stdout_logfile_backups = 5
autorestart = true
startsecs = 5


反映は

supervisorctl update



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈍足ランナー

Author:鈍足ランナー
作成アプリ

Learn from AlphaGeeks
Twinani


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。